不用品を売る!

初めての方でも大丈夫!不用品を売る為に必要な準備とは?~出品編~

こんにちは、のっぽです。

先日の記事の、

【初めての方でも大丈夫!不用品を売る為に必要な準備とは?~発送方法について~】

こちらの続き、次はいよいよ出品のやり方を解説していきます。

ヤフオクへの出品が初めての方は、まずヤフオクへの会員登録、本人確認を済ませておきましょう。

では早速、最初のトップ画面にアクセスします。

まず右上にある①マイオク をクリックします。

②出品する をクリック!

二通り選べますがここでは③オークション出品 をクリックしましょう。
フリマ出品の方はメルカリの形式と同じ、決めた値段で売るタイプです。

次に出品するカテゴリーを選んでいきます。
ピッタリ合うものがなければ「その他」を選びましょう。

カテゴリーは個人的にあまり重要な部分ではないと思います。
続けて出品した時に前のカテゴリーのまま違うジャンルで出品したこともありますが、普通に落札されました*

 

➃商品名を入れます
⑤商品説明を書いていきます

商品名は重要です!
この商品を欲しいと思う人がどういう言葉で検索するかな?というのを考えてみましょう。

私が今回出すのはトレーサーなので、イラストを描く人や、写経という単語を入れてみました。

 

商品説明はできるだけ多くの情報を書きましょう。

例えば、自分が欲しい商品を買い物する際には大きさや重さ、使いやすさを吟味しますよね。

それはオークションでのお買い物も一緒です。でも実際に手にとって見ることができません。
ですので出来るだけ多く、商品についての情報を書き込んでおきましょう。

購入時期や使用頻度、大きさや外観はどうであるか。
汚れがあればその部分のこともちゃんと残さず書いておきましょう。

⑥オークション開始時の値段
⑦個数
⑧オークション終了の日にちと時間帯

値段は最低限でこの価格で売りたいと思うお値段を入れておきましょう。

個数はそのまま1個で大丈夫です。
もし何かとまとめ売りする場合でもセットで1個となります。

オークション終了日と時間は自分の都合に合わせて決めましょう。
ただ土日の夜を終了日に設定すると、週末は休みの人がいてアクセスが多く落札されやすいというお話も聞きますね。

私は仕事の公休の前日の夜を終了日に設定してます。
落札されたら早速梱包して発送と、素早く対応できるのが良いですね。

⑨送料負担は落札者
⑩送料の連絡方法
⑪発送方法

送料はどちらが負担するか、ですが、予め送料を調べるのが面倒な場合は出品者負担でも全然問題はありません。送料にシステム料がかかるがどうかの違いです。

出品時に調べておいた送料を記入しておくと、商品が落札されたら自動的に落札者の元に連絡されます。自分で連絡することもできますが、少しでも手間を省きたい場合は最初に入力しておくと便利です。

発送方法は調べておいたサイズに応じて変わります。
私は今回トレーサーを出品するので、梱包後のサイズを想定して入力していきます。

先の梱包しておけば良いのでは?と思うのですが、出品中に商品の細かい部分など気になる箇所を聞かれて、それを調べる為にすでに梱包した物を再度開封する羽目になったことが何度かあるので、私は落札されてから梱包するようにしています。

 

⑫支払いが確認できてから発送までの日数
⑬商品の状態、中古か新品か、それ以外か
⑭返品は基本不可で大丈夫です

発送までどれぐらいかかるか、自分の都合に合わせておきしょう。
ちょっと余裕を持ちたい、と言う方は三日~にチェックを入れておきましょう。

返品は基本なしで良いでしょう。
中には「故障してたら返品してください」というの方もいますね。

⑮入札者制限はどちらにもチェックします
⑯自動延長はありです

入札者制限をしておくと、悪い評価が多くついてる方をオークションに参加させないという設定ができます。

自動延長は必ずチェックです!
オークションは終わる間際によく競り合いになって値段がアップしていきます。
ここをチェックしておくと、オークションが終了になった時に入札があれば自動延長されますし、競り合いの様子が見れますよ*

⑰画像をアップロードします

最大10枚までいけます!以前は3枚までで不便でしたが、ようやく使いやすくなりました。

ここまで入力できたら実際のオークションの画面を確認しましょう

確認が出来て不備がなければ出品してみましょう!

ただ、この下書きを残しておくとあとで同じ様なサイズの商品を、送る際に少し入力を変えたらいいだけなので、便利ですね。

 

さて、出品までの一連の流れをご紹介していきましたが、如何でしたでしょうか?

出品は最初は時間がかかると思いますがやっている内に慣れていきますので、じっくりゆっくり進めていきましょう!

 

ではでは、本日はこの辺で、是非またよろしゅうに*