整理整頓

断捨離・どこから手を付けるべきか?

こんにちは、のっぽです!

断捨離は自分の持ち物を洗いざらいキレイさっぱり取捨選択していく作業になります。

綺麗に片付いた部屋というのはヒジョーに気持ちの良いものです!

ちょっと想像してみて下さい・・・・・。
本当に必要なもの、大切なものだけで構成されたシンプルイズベストなマイルーム・・・・・。

ちょっと涎が出そうになりますね。

それくらい無駄のない部屋とは魅力的であります。

しかしそれを実現する為にはあなたの目の前に物という物が高く積み上がり立ちはだかっております!それにどう挑んでいくのか、断捨離戦略を立てていきましょう!

断捨離・どこから手を付けていく?

さて、断捨離を始めるにしてもどこから手を付けていくか、迷う所ですね。

しかし迷う、ということ自体が無駄に時間でありせっかく生まれたやる気が消えて失せてしまう要因になります。

どこから手を付けるか、それは普段から気になっている場所からです!

普段部屋の中にいて、「あ~…ここ早いうちに片付けないと、物を収納できないし溢れるし、困るよな~~」って所です。

もしくは、漠然と「断捨離しなきゃ」と思っているだけであれば、部屋に入って目についた所から進めていきましょう。

ただその場合の注意として、目についた場所の範囲が広いの場合は、その日一日どれだけ断捨離に費やせるか、を考えてから決めましょう。

もし押し入れが目に入った場合、結構な大がかりな断捨離になるので、そこは時間との相談ですね。
取り組んだは良いが夜まで終わらずに押し入れの中身がぐっちゃーって部屋に散らばったままの部屋で眠ることになるかもしれません。

でもまあ、押し入れは押し入れで、小分けにして片付けても良いですね。

いるか!いらないか!はっきりきっぱり進める

これはいるかーー!!
いらないのかーー!!
どっちだーー!!

断捨離は自分との闘いです。
常にこんな問いかけを自分にしながら進めます。

だんだん「悪い子はいねぇが~」って某なまはげ👹のようになってきます。(某いらない)

優柔不断にはならず、心を鬼にして沢山の物に挑んでいきましょう。

仕分けようにゴミ袋を用意をしてポンポン入れても良いのですが、本当にゴミにしかならないものはそれで良いですが、まだ使えるもの、捨てるには勿体ないものは、やり方次第で自分の資産になってくれます。

ここでは一旦、本当に捨てるもの、捨てるけどちょっと待ってなもの、で分けておきましょう。

断捨離において何が障害になるかというと「勿体ない精神」です。

もう使わないけど、捨てるには勿体ない…!というものは無理に捨てなくても良いです。

もう一つ、断捨離の邪魔をする心は「いつか使うかも精神」です。

「いつか使ういつか使うって使う使う詐欺やないか、そんなもん当てにならんわ!いつか使うっていって今まで使えとらんやないか、そんなら今使ってくれる人の元に行った方が良いわー!!」

以上、私の心の声でした。

いつか使うかもしれない物も捨てにくいですよね~~わかります~~!

私も断捨離したといってもやはり捨てられなかった物がまだあります。
使う使う詐欺してます。

その場合はいつか使う物、の中でさらに断捨離をしていくと少しでも物を減らすことができます。
本当に使う物、大切なものだけが必然的に残っていく感じですね。

いつか使うかも~って物は、捨てにくいですよね。だってまだ使えるんですから。

断捨離で出た不用品ってゴミであってゴミではないんですよね。実際使えるもの、新品同然なもの、色々あります。

先程の私の心の声をもう一度見てみて下さい。
ほら「今使ってくれる人の元に行った方が良い」と叫んでますよね。

不用品って、先にお伝えしたように自分の資産に変えることができるんです。
私のブログ内の記事を参考にしてみて下さい。

「いらないものだけど、捨てなくてもよい」
こう思うだけで、断捨離に対して気持ちが軽くなりますので是非お試しあれ!

 

普段の生活の中でも断捨離フィルターをかけていく

部屋の中で気になってた場所、目についた所から断捨離を始めると、物がなくなる分収納スペースができます。

そこへ入りきらずに溢れていた物を整理整頓していくのですが、もちろんそこでも断捨離は必要です。

入りきらずに溢れていた物って最近買ったものとか、もらったものとか、近いうちに使おうと思ってい出していた物とか、様々ですよね。

すでにいくつかの修羅場を越え、脳内が断捨離モードになっているあなたには、その中に潜む”いるもの・いらないもの”が見えているはずです。

一昨日「もしもの時使うかも」って買ったばかりの100均グッズ、これいらないな…とか、
使うつもりで置いてたけど、これ、使わないな、とか。

自分の「いつか使うかも精神」がいかに無意味で無駄なことであるかに気付くのではないでしょうか。

それと同時に、いかに無駄な買い物が多いかということにも。

一度断捨離を経験すると、どういう物が無駄になってしまうのかが分かるようになります。

買ったは良いが結局部屋の中の肥しにしかならなかった、そういう経験をすると次に何か物を買う時にも「本当にいるのか!いらないのか!」のジャッジができるようになります。

つまり、いずれ無駄になるものを自分の家や部屋に入ってくる前に「切り捨てごめん!」ができるようになります。

これ買ったとして、本当に使う?本当に必要?という断捨離フィルターを通して買い物をするようになるので、とにかく無駄な買い物が減ります。

無駄なモノ買わない+部屋にモノが増えない=お金と時間の節約になる!

部屋に無駄に物が増えなければ整理整頓や片付ける手間が省けます。そうなると時間も無駄にしなくてすむようになります。

まさに一石二鳥や三鳥にもなる、それが断捨離というものです。

断捨離・どこから手をつけるべきか まとめ

今回はどこから断捨離していけばいいの?というお話でしたが、いかがでしたでしょうか。

いきなり部屋全体とかだと途方にくれるし一日では終わらないので、まずは普段気になるとこ、目につくとこから少しずつ始めていきましょう。

断捨離は慣れてないと最初はとっつきにくいかもしれませんが、そんな真面目に考えなくても良いです。

完璧主義になってしまうと、「どこもかしこもしっかり片付けたい!どこからやったらいいの!?分からん!!」って八方塞がりになります。

そうなると考えることにエネルギーを使ってしまい、やる気パワーがなくなるので、深く考えずに狭い範囲から始めてみて、気付いたらめっちゃ断捨離した範囲拡がってた、ぐらいでいきましょう~!

「もったいない精神」「いつか使うかも精神」に悩まされても、捨てない断捨離もあるのでご安心下さいね。

捨てない断捨離は不用品を資産にできますので、余裕のある方はお試し下さい~!

断捨離を経験すると、無駄な買い物が減り、物が増えることも最小限に抑えらます。

部屋の片づけの頻度やボリュームも減り、その分の時間をもっと大切なことに使うこともできます。

断捨離は本当に必要なもの大切なものが何であるのか分かると同時に、日常においても大事なことに気付けるようになる、そんな自分の為になるものだけを残してくれるフィルターになります。

本当に必要なものだけで構成された家の中や無駄のない部屋、それに自分の心・・・・それを叶えてくれる断捨離に是非挑戦してみてくださいね*

 

ではでは、本日はこの辺で、是非またよろしゅうに~*