ミニマリスト

女性のミニマリストの秘密兵器!男子禁制!な○○とは?

こんにちは、のっぽです!

ミニマリストとは生活必需品など普段使うものを最小にしてとにかく身軽にシンプルになることです。

バスタオルをハンドタオルにしたり食器もコップやお皿で一個ずつとか、そもそも調理した鍋ごとならお皿も持たないかもしれません。

 

とにかく物を少なく、そして小さく出来るものは小さく、これがミニマリストです。

トランク1個に私物が収まるぐらいです。

 

と、まあ、男性であればミニマリストって割と叶いそうですが、女性の場合はそうではありません。

 

何かと必要な物があります、基礎化粧品からメイク道具・・・・・そして、どうしても少なくするのが難しいのは毎月やってくる女性特有の現象、月経です。

 

こっから男子禁制でお願いします!!

 

月経で消費する生理用品は最小にするには?

女性には毎月やってくる面倒なものがあります。それは月経です。

どうしても生理用品が必要になるので、常にストックを持っておかないといけません。経血量の多い人は夜用の大きいやつのストックも必要です。

結構かさ張りますよね、少数で入ってるものもありますが絶対に必要だし消費するものなので、どうせならお徳用のパックを買います。

女性のミニマリストであれば避けては通れないんですが、でもかさ張ってどうしようもないです。

でも実は生理用品も最小に、かつエコに使えるものがあるのご存知でしょうか?

繰り返し使える生理用品がある

とってもエコで経済的、繰り返し使用できる生理用品があります。

それは『月経カップ』というものです。

月経カップは釣鐘のような形でその名の通りカップになってます。使い方としてはタンポンと同じように膣内に装着して使います。

タンポンと大きく違う点はタンポンは中のガーゼが経血を吸収するものですが、月経カップは経血を溜めるものです。

膣内に蓋をするように装着して中のカップに経血を溜めるので、ナプキンの時にように独特な香りも発生しません。

あれは血液が空気に触れて酸化するせいなんです。

中に経血が溜まればトイレに捨てて、また洗えば繰り返し使うことができます。

外出先の場合はノンアルコールのウェットティッシュでキレイにすれば大丈夫です。

 

欧米では半数ほどの女性が使用している

月経カップって初めて聞く方も多いかもしれませんね、ドラッグストアでも一部でしか取り扱いもないので日本ではまだまだ知られてません。

それは月経カップは海外製のものがほとんどという理由もあるかもしれませんが、2017年にようやく純日本製の物が発売されました。

月経カップは欧米では長年普通に使用されています。ナプキンやタンポンのように消耗品ではなく、繰り返し使えてエコで経済的しかもナプキンのように漏れる心配もなければ、肌に経血が付かないのでムレによるかぶれやかゆみも出ません。

スポーツの時でも最適です、どれだけ動いても漏れません。

お風呂の時も大丈夫、装着したまま入れますし、トイレも普通に出来ます。

 

なのでめちゃくちゃ重宝するんですが、ちょっと使い方にコツがいるんです。

使用にはコツはいるけど、なれればとっても快適

日本ではあまり使われていない月経カップですが、知名度もあればその使用方法で敬遠されがちな面もあります。

先程お伝えしたようにタンポンのように膣内に装着して使うので中に入れます。

月経カップはタンポンのように小さなカプセル型ではなく、カップ型です。カップのふち、つまり一番広い面から入れる必要があります。

そうやって膣内に蓋をしてカップの中に経血を溜めます。

これが、簡単そうに思えて最初はなかなか入りません。月経カップは結構大きいんです。

 

最初「へ!!?こんなの入るの⁉」と驚きます。

慣れない内は月経カップとの格闘することになります、入れる時普通に痛いですしね!

「いだだだだだ!!」って言いながら私も悪戦苦闘しました。

 

ですが何度か使う内にコツが分かってくるので、痛みもなくすんなり入るようになります。

 

つけてる感じは何も異物感を感じません。本当に気にならないのです。

気を付けないと入ってるの忘れるくらいですし、もっといえば生理なのを忘れるくらいです。

 

それくらい、めちゃくちゃ快適なんです。

長時間付けてても大丈夫

さて肝心な装着限界時間ですが、月経カップの説明書によると最長で12時間は連続使用が出来ます。

つまり半日は中に入れっぱで大丈夫!ということです。

でも経血量の多い2~3日くらいは一日の内に何度か中の経血を捨てない行けません。

基本装着中は漏れないのですが、やはりカップの中が経血で溢れるとその分が漏れてきます。

なのでナプキンと併用すれば確実にショーツに漏れませんし、ナプキンも一日に一枚で十分足ります。

 

もしタイミングよくトイレに行けるのであればナプキンすらも必要ありません。自分で何となく「あ、そろそろ溢れてきそうだな」というのが分かるようになります。

溢れたとしてもドバっとは出ませんしね。ちょっとショーツに付くくらいですし、鮮やかな鮮血ではなく薄い鮮血って感じです。

経血量の多い日は3時間ごとに一度取り外して経血を捨てるようにすると、ナプキンいらずで過ごせます。

 

この快適さはもう手放せない!ミニマリストでなくてもハマる!

月経カップがあれば消費するナプキンを本当に最小量にできますし、個人的には織物シートの薄い方で十分大丈夫だな、と思います。

ナプキンの在庫がなくなったら織物シートに切り替えようと思ってます。

念のため普通のナプキンも常備はしておきますが、月経カップがあれば本当に使わなくなります。

月経カップは装着時にコツが入りますが、慣れてしまえば本当に快適そのものです。

生理の時ってナプキンで肌がかぶれたりして痛いのが嫌で、布ナプキンにしてたんですが、肌に優しくかぶれませんが、何しか洗うのが面倒でした。

でも月経カップも洗う必要があるとはいえシリコンなので簡単に洗浄できますし、使い終わったあとはしっかり乾かしてケースに直しておくだけです。

管理も簡単なんですが、何より嬉しいのは漏れないということ。

夜寝る時にナプキンの時だと漏れないようにポジションをしっかりしつつあまり動かないよう気をつけて眠ってたんですが、

月経カップにしたらポジションとか関係ありません。普通に寝返りも打てますし、仰向け横向き問題なし。

睡眠がめちゃめちゃ快適になったのが一番大きいですね。しかも漏れないし。

ただ起き上がった時に溢れる場合が多いので、量の多い日は寝る時はナプキンは必須です。

でもすぐトイレに駆け込めるならナプキンいらずですみます。

月経カップがあれば、ナプキンはあくまでショーツが汚れない為に付けてるという感じになりますね。

 

月経カップは女性ミニマリストなら持ち物を最小化するのに本当に役立ちますし、月経カップ自体とってもエコで経済的で、生理の時の不快感から解放されるスペシャルアイテムです。

高性能な分ちょっとお値段はしますが、十分元を取れる快適さが手に入るので、オススメです*

 

ではでは、本日はこの辺で、是非またよろしゅうに*