雑記

初めまして、こんにちは!

初めまして、のっぽと申します

高校を卒業してから十数年、フリーターだったり会社員だったり、
勤め先が潰れたりと、何度か転職をしつつずっと雇われの身として働いております

働くことが普通なことなので、ずっとそうやって生きてきましたが
年齢とともに体力も落ちて、心身ともに疲れ切った時に、
ある時ふと、思ったのです

「このまま、これから先も、ずっと働いて、残業して、自分の時間もろくに取れずやりたいことも、好きなことも出来ずに、ただ年老いていくだけなのかなぁ・・・」と

そう思ったら、急に目の前が暗くなりました

自分のこれから歩む先には希望も、明るい未来もなく
ただの真っ暗闇なのではないかと

生きていくために頑張って働いているのに
これでは死ににいくようなものではないかと

現に今の自分は死んでいるも同然だと思いました

 

人生とは時間の集合体です

その貴重な時間のほとんどを会社で費やし、大した収入も得られず、

休日の唯一自由な時間さえ、日々の仕事のストレスや疲れのせいで
無気力になり何も出来ない・・・・

 

定年過ぎてから、第二の人生を楽しむという道もあるでしょう
仕事を定年退職した後に貯めた貯金でカフェを経営してる方を
テレビで放映したりしてますよね

でも皆が皆、そんな理想通りいくわけではありません

私も昔は、やりたいこと、挑戦したいことは
今は仕事のせいで出来ないけど、定年してから楽しめば良いと思っていました

ですが、それから十数年経ち、
それはあまりにも楽観的な考えであったことに気付きました

人は年を取るごとに体力がなくなり、何かに興味を示すことも少なくなり
新しいことに対する燃えるような気持ちも、元気もなくなっていきます

人生の内、3分の1は仕事で消費されるそうです

それに睡眠時間等も加えたら、一度きりの人生の中で自由に動ける時間は
本当に限られてきます

一番元気に動ける20代~30代はとくに仕事に費やす時間が多くなるので
余計に自由な時間がとれない状態になります

好きなことに熱中出来て、旅行等にも行けて、何にでも挑戦出来るような
一番元気と活力のある時に

ほとんどの人は仕事で時間を消費してしまいます

本当はやりたかったことや、行きたかった場所や見たかった景色を夢見て
「いつか必ず、この思いを達成しよう」と胸に秘めながら

そうして定年退職してようやく自由な時間が出来た頃には

若い頃のように身体が動かせず、溢れてたはずの気力も元気も薄れ、
ただ窓際で日に当たるだけの、おじいさんやおばあさんになってしまっています

 

人生とは時間の集合体です

 

「これ以上自分の人生を会社に安く売り飛ばすのは嫌だ」

会社にこき使われて、やりたくもない仕事や意味のないような仕事をして
死んだように生きるのは嫌だと心の底から思いました

毎日のストレスで疲弊し、気力もただすり減るばかりです

 

そんな時に目に入った「会社に雇われずに自由に生きていく」という世界の存在

 

それは金銭的自由、時間的自由、精神的自由、という、
今までの仕事やお金に対する価値感が全て、丸ごと崩壊するような、そんな世界でした

信じられないような世界でしたが
真っ暗闇だった自分の人生に光が差し込んだような気がしました

本当にそんなことが可能なのだろうか?
そんなことが可能な世界なんて、現実ではありえない、夢物語だ、と思いました

と、同時に、もし本当なのであれば、その道しか自分が救われる道はないと思いました

 

会社に雇われずに、自分の力でお金を得て、自由になれる方法はインターネットを利用した「ネットビジネス」というものでした

月収50万や100万という、自分の価値観ではありえないような金額を得ることが出来るもので
正しい知識やノウハウを駆使すれば、誰にでも到達可能な世界だということも知りました

それから少しずつですが、ネットで情報を集めたり、
ネットビジネスに関する教材を買ったり(高かった・・・!)

自分の人生を、残された時間を、自由に、人間らしく生きていくために
自分の力でお金を得る方法を、絶賛勉強中です

 

長々とお付き合い下さりありがとうございます

誰にも束縛されない、自由に生きていく方法でお役に立ちそうなもの、
共有出来るものがあれば情報発信して行きたいと思います

ではでは、よろしゅうに!