ビジネス

働きたくない30代はこれから増える!仕事しないで生きていく道とは

こんにちは、のっぽです!

30代に限らず働きたくないでござるの人が多いと思いますが、この傾向は1980年前後に生まれた人達特有のものなんだとか。

つまりこの年代の我らは仕事よりも大事に思うものがあるんです。

それは自由であること。自分の時間です。

ネットで様々な情報やブログを見ていると「仕事よりも家族との時間が大事」「子供と一緒にいる時間を増やす為」その為に家でできる副業を始めてる方が多いです。

今の職場が嫌でたまらない、ひたすら働きたくないのであれば今は色んな生き方が選べる時代です。

本当に、昔であれば考えられなかったことが普通に起こるような多種多様な時代になっています。

有名どころでパッと浮かぶのはYouTuberのヒカキンさんとかですね。(※実は最近動画を初めて観ました。)

クラウドソーシングでは、プロでなくても普通の主婦さんでもブログの記事を代行して書いたり、デザインができる人が依頼を受けて報酬をもらったり。

FXで円高ドル安などを利用してその差額を利益として稼いだり、

古本屋や家電等のワゴンセールから安く仕入れてネットで高く売る転売・せどりもあります。

ブログを使って自分が広告代理店となり商品を紹介し、見事売れたらその一部を報酬として受け取ったり。(アフィリエイトといいます)

 

本当に様々な生き方、お金を稼ぐ方法があります。

 

私も正直働きたくないです。仕事に行かなくて良いなら喜び勇んで行きませんし、仕事に行かなければ苦手な接客もしなくて済むし万々歳です。

 

望めばそれが可能な時代になってきています。全てはインターネットの普及によるものです。

 

「色んな道があるんだ!じゃあ今の仕事なんて速攻で辞めてやる!」

こんな風に考えてしまいますが、それはちょっと待った!

 

YouTubeに動画をあげるだけでええんやろ?
クラウドソーシングに登録しといたらええんやろ?
とりま、FXでドルを買っといたらええんやろ?
高く売れるんならワゴンセールの物全部買うわ!
ブログ作って適当に広告貼りまくったらええんやわ!

 

インターネットを使ったお金の稼ぎ方は一見簡単そう~~に見えて、一筋縄では行きません。

YouTubeの動画上げても再生数二桁とかで全然注目されなかったり、
クラウドソーシングは初心者でも敷居が低いですがキーボードが打てないと厳しいですし、
FXはちゃんと勉強しないとリスクを負う危険もありますし、
せどり・転売は売れる物の見極めができないと在庫を抱えることになりますし、
ブログは忍耐力と継続力がないと早い人では2週間とかで挫折します。

仕事を辞めて、背水の陣で挑めば早く収益化することも可能かもしれませんが、それでは博打状態です。

まずは興味のあることから調べてみて、外側からだけじゃ分からない!という場合は実際に内側に入ってみましょう。

YouTuberに興味があるのなら実際に動画を撮って、載せてみるとか。

色々挑戦してみて、「しっくりくるなぁ」というやり方があればそれをコツコツと続けてみましょう。

それで収益が上がって、生活できるほどの金額が稼げるようになってから仕事も辞めるという流れが一番自然かなぁ、と思います。

本当にこれでお金を稼げるのか?と不明瞭なままで続けるのはかなり心に負担がかかります。

「そんな生き方があるなら、今すぐ仕事をやめてそっちに集中したい!」

分かります、めっちゃ分かります、私もまさしくそんな状態です。

 

でも、まずは本当に収入になるのか?これを自分自身で体験してみて、このやり方で確実に大丈夫だ!!てなったら職場の上司に伝えましょう。

 

「副業からの収入がお給料を越えたので辞めさせていただきます。」

 

スカッとしますね、ドヤ顔必至ですね。

仕事辞める時にいっぺん言ってみたいセリフ第一位です。

 

私のように働くのが嫌!!でも行かなくてはいけない・・・・・。こんな人は多いでしょう。

いや、多いとかいうレベルではなく、ほとんどの人がそうなのではないかと。

20代でも30代でも40代でも、働きたくない人の気持ちは一緒です。

だって、テレビでは過労死や長時間残業、サービス残業問題や、死んだような顔で満員電車に揉まれるサラリーマンの映像が流れます。

それ見て育ったら「サラリーマンにはなりたくない」「働きたくない」っていう大人になりますよそしゃ。

だから最近の子供の将来の夢の上位にYouTuberがランクインするんです。

子供は日々仕事に疲れている大人達を見ていますし、両親が共働きなら一緒にいたいのにいれなくて、その原因は仕事だと思うのは必然です。子供とっては仕事が自分から両親を奪う悪であり敵のようなものなのです。

そんな仕事、自分はしたくないって思いますよね、寂しい思いをしたのですから、自分の子供にはそんな思いをしてほしくない。

そうやって大人になったのが今の30代、1980年前後~に生まれた年代なんです。

 

30代になってくると体力面での辛さもプラスされてさらに動くのが嫌になります。
自分の意思で動くのなら良いのですが、会社から指示で動くことにどうしても抵抗を感じるのです。

 

女性の場合なら30代となるとすでに結婚してる方も多くて専業主婦で仕事をしていない、という場合もありますが、独身の場合は働き続けなければなりません。独身でいる間はずっとこれが続きます。

 

結婚したら仕事が家事に変わるけど、会社にやらされるわけではないからまだマシな感じはしますが、よほど稼ぎの良い旦那さんでない限り今は共働きが普通です。

 

家事、育児をしつつさらに仕事もしなければならないという・・・・・・。

どっちにしろ仕事の呪縛からは逃れられません。

 

働かなければならない理由はお金の為です。生活費が必要だから。生きていく為には働かないといけません。

でも、今はそんな常識がどんどん変化していっています。時代の変わり目です。

 

 

ブラック企業や過労死やうつ病、残業代は出ても長時間労働だったり「過労死ライン」が「ここまでならいけるライン」になっていたり。

働く環境に関する問題が浮き彫りになってきた現代では、どうにかしてその地獄から抜け出そうと別の道を考える人も多いでしょう。

今の現状を「仕方ない」と受け入れるか、「嫌だ!!」と、もがくか。

 

仕方ないと受け入れてしまった場合、新しい生き方にずっと気付かないままかもしれません。
忙しい毎日の中でネットを見る間もなく過ごしてしまう、そうなると新しい時代の波に気付けません。

 

働きたくないのですから、働かずに生きていける道の方が良いです私は。

 

働く理由はお金です。生きているだけでお金がかかる我らには必要不可欠であり、全ての源です。

であれば、お金をどうにかすれば働く地獄のサイクルから抜け出せます。

人は贅沢をしなければ10万あれば生活できます。

実家か一人暮らしかでまたここは変わってきますが、働かないのであれば実家に戻るとかの方が良いですね。働かずにお金を稼ぐにしても、自分が何かしないことには何も発生しません。

私がネットで情報を集める中で、一つ可能性のあることといえば”自分のメディアを持つ”ということです。

他にも副業としてFXやクラウドソーシングとかもありますけど、FXは小難しいですし、クラウドソーシングは労働寄りになります。

人によっては楽しく取り組めるので、有りっちゃあ有りですが、会社からの指示が個人に変わるような感じですね。

それじゃあ意味がないんです。

働きたくないのにも理由があります。

それは自由ではないから。仕事に人生のほとんどの時間を搾取され、体力気力までも奪われて、自分の為の時間がほとんど取れないからです。

まとも取れる自分の時間といったら睡眠時間ぐらいなもんです。
寝てたらやりたいことも何もできんやんけ。

 

まずは小さなことから行動して、習慣に変えてみましょう!

 

ではでは、本日はこの辺で、是非またよろしゅうに