整理整頓

なぜモノが捨てられないのか?断捨離アルバムを作ってみよう!

こんにちは、のっぽです。

以前大幅な断捨離をしてから少し経ちまして、また思い出したように断捨離したくなってきててうずうずしてきております。

「そんなにハマるものなの!?」ち思われるかもしれませんが、ハマります。

一時期病的なまでに整理整頓に精神を支配されてたぐらいです。
「私がこの世に生を受けたのは部屋を片付けるためだったのだ」ばりに病んでました。

それくらい中毒性があったんでしょうね。

何に中毒性があったかというと、
片付いたあとの爽快感やスッキリ感やモノがなくなった感(そのままやん)ですね。

それくらい拗らせた断捨離ですが、やはりなかなかやりたくてもできない、という人もたくさんいます。

断捨離できない人は、優しく、清い心の持ち主?

私の友人も、部屋がとんでもない状態だそうです。
人を招くと、その人はまず友人の部屋の掃除を始めるそうです。

もう一度言いますが、部屋を掃除するのは友人ではなく招かれた人です。

別に友人はその人に「片付けて!」と頼むわけでもなく、自主的に掃除をしなさるそうです。

 

・・・・・ほこりが・・・・・

ほこりが、凄いんだとかで、肺の健康状態の為にもそうせざるをえないようですね。

友人はもうほこりに対して耐性がついてて平気なのかもしれません。

 

そんな友人でも「片付けをしないといけない」という意識はちゃんと持ってて、ホッとしているのですが、でもなかなか決行できないようです。

 

ブラック企業に勤めてるので時間的に余裕がないというも理由でしょう。

もう一つは、モノが捨てられない性格であること。

 

モノが捨てられなくて断捨離を決意できない人、多いのではないでしょうか。

モノが捨てられないというのは、モノに対しての執着心がすごかったり、もったいない精神だったり、そのうち使うつもりだったり、念のため置いときたかったり。

執着がすごいって何だか悪いように聞こえますが、
それだけモノを大切に思ってるってことですね。

おばあちゃんとかよく、クッキーの入ってた缶ケースとか、しっかりした箱とか、色々残していたりしますよね。

”もしもの時に使うかもしれないから”って。

そんな古き良き日本人スピリッツを持ってることは素晴らしいことだと思いますが、今は時代が違いますから、モノが少なかった時代は過ぎ去り、今はモノが溢れてる時代ですから。

ただ「モノを大切にするな」という話ではありませんよ?
大切にするのであれば、本っっっっっ当に大切なモノを大切にしましょう、ということです。

心のスキマを埋めるものは、モノでなくても良い

潔く取捨選択する際は、自分が一番大切にしてるものと色んなものを比べて、大切レベルを測ってみれば、そんなでもなかったってモノが見えてくると思います。

あとは、モノに囲まれてることで安らぎを感じるタイプの人もいますね。
そういう人は心のスキマをモノで埋めようとする人です。

モノを買って一時はスキマが埋まって落ち着きますが、それは一過性のものでしかなく、また別のモノを求めてしまいます。

でも、新しい買い物をすると、心が満たされる気持ちはめちゃめちゃ分かりますよ。何かスッキリして、ちょっと上の段階に行けた気がしますよね、その時だけね。

他は、昔からずっと置いてある思い出の品とかも捨てにくいですよね。
本当に思い出が詰まってるのは無理に断捨離しちゃだめですよ。
思い出といっても軽いもの、深いものがありますので、軽いものは思い切って処分しましょう。

でもやっぱり残しておきたい・・・・・!と思うのであれば、画像で残しておけば良いのではないかと思います。

結局使用するこのない、部屋のスぺーズを食うだけのモノなのですから、使うことがないのであれば、画像で残しておいて、気が向いた時にでもアルバムを見るように眺めるとなかなかに楽しいですよ。

画像を撮って、もしそれがまだまだ現役で使えそうなのであれば、ヤフオクやフリマアプリで欲しい人に譲渡すれば良いのです。画像もそのまま使えますしね。

私はこの方法で断捨離を収益化して一年くらいの間、月1万~4万、一番多くて10万ほどお金を稼いでいました。

その時のことをまとめたレポートを作ったのでよろしければどうぞ!
【断捨離して40万稼いだレポート】

 

断捨離して捨てる前に画像を撮っておいて、断捨離アルバムを作ってみるのも楽しいと思いますよ。

私は売る為に撮ってたので必然的にそうなりましたが、たまに画像を眺めては「あ~こんなのあったなぁ」「うあー懐かしい、これ良かったなぁ」「私なんでこんなの買ったんだろ?」と、思い出に浸ることもあります。

結構楽しい!

だがしかし、時間の無駄になりますので、控えめにした方が良いです。

ですので、モノに執着して捨てられない場合は、データとして残すということもご検討下さい。

本当に大切なモノ以外はとことん小さく、形のないモノにまとめてしまいましょう。

 

まずは手短なものから断捨離を始めてみて下さい!

出来れば大きなものからが良いかもしれません。
部屋のスッキリ感が分かりやすくて楽しいですしね*

 

ではでは、本日はこの辺で、ぜひまたよろしゅうに*