アドセンス

Googleアドセンス・不承認には原因と理由がある!改善のコツとは?

こんにちは、のっぽです。

「折角ブログ書いて広告載せとくだけでお金が発生して月収100万とかになっちゃってウッハウハの人生勝ち組ルートがもう出来てるのにGoogleアドセンスに何度申請しても不承認になってまう!!なんでやねん!!!!」

そしてGoogle先生に殺意が芽生える、そんな時ありますよね。

 

しかし落ち着いて下さい。

 

アドセンスに申請する前に、承認される為に守らないといけない規約を確認しましたか?
また、不承認を告知するメールをちゃんと確認してますか?

 

「何度もアドセンスに申請してるのに審査が通らない」
「不合格通知の内容を見ても、ブログをどう修正したらいいのか分からない」
「どんな記事を書けば合格基準になるのか知りたい」
「何故不承認になるのか原因が分からない」

 

こんな悩みを抱えてる方は本当にたくさんいます。

実は私もアドセンスに特攻して見事玉砕した内の一人です。

そんな私がアドセンスに申請した時に審査が通らなかった原因やそれをどう改善したか、また審査が通った際のブログの記事数や文字数をお教えしますので、宜しければ参考にして下さい。

 

[aside type=”normal”]ブログ収益化は『成果報酬型』など、貼った広告の商品が購入されると報酬が入るタイプとGoogleアドセンスの様に広告をクリックされるだけで報酬が入る『クリック報酬型』があります。

1クリック1円とか3円と少額ですが、一日に何十万PVなどの人気ブログになればアドセンスだけで生活できるくらいの収益にもなります。
[/aside]

 

アドセンス不承認の原因・コンテンツポリシーに反していないかどうか

初心者の方がブログを始める場合、収益化を考える際に一番ハードルが低いのもアドセンスですね。

ただアドセンスは今すぐに誰でも取得できるものではありません。Google先生の定めた規約に沿った、一定の水準以上のブログでないと審査が通りません。

まずアドセンスのコンテンツポリシーを再度確認してみましょう。長いですが頑張って下さい。

Google 広告が掲載されるページには、以下を含めることはできません。

  • 家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
  • ポルノ、アダルト、成人向けのコンテンツ
  • 衝撃的なコンテンツ
  • ご自身や他者を脅したり、危害を加えるよう促したりしているコンテンツ
  • 個人または個人で構成される集団を中傷、威嚇、攻撃しているコンテンツ
  • 人種、民族、宗教、障害、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性同一性など、組織的な人種差別や疎外に結び付く特性に基づいて、個人または集団の排斥を促したり、差別を助長したり、誹謗したりしているコンテンツ
  • 過度に下品な言葉使い
  • ハッキングやクラッキングに関するコンテンツ
  • 望ましくないソフトウェアのポリシー(英語)に違反するソフトウェアやコンテンツ
  • 不正なソフトウェアやアドウェア
  • 違法な薬物や麻薬関連製品に関するコンテンツ
  • 絶滅危惧種から作られた製品を宣伝、販売、広告するコンテンツ
  • アルコール飲料のオンライン販売
  • タバコやタバコ関連商品の販売
  • 処方薬の販売
  • 武器、兵器または弾薬 (銃火器、銃火器のパーツ、戦闘用ナイフ、スタンガンなど) の販売
  • 武器や兵器の強化や組み立て方法(武器や兵器の 3D 印刷、改造キット、8 割方完成した銃部品など)の指南
  • 授業や講義の課題や提出物の販売、配布
  • ユーザーに報酬を提供することで、広告や商品のクリック、検索、ウェブサイトの閲覧、メールの閲覧を促すプログラムに関するコンテンツ
  • その他の違法なコンテンツ、違法行為を助長するコンテンツ、他者の法的権利を侵害するコンテンツ

また、主なコンテンツに AdSense 未対応の言語が使われているページで AdSense コードを使うことはできません。

引用元:AdSense プログラムポリシー

ざっとまとめると、

アダルト関係は駄目!
誰かを差別してるの駄目!
絶滅危惧種使用の商品・薬・酒・たばこの販売してるとこ駄目!
銃の組み立てとか解説してるの駄目!
授業の課題レポート売ってたらあかん!

 

平凡に生きてたらまず取り扱わないジャンルだと思いますが、自分の親や親戚に見せられない記事内容だとアウト!という感じですね。

 

アドセンスが不承認にならない為のブログの合格水準とは

それに加えてブログのステータスも査定の対象になります。
あくまで私が調べた内容になるので、環境によって変わるかもしれませんが参考までに。

 

・ブログ運営期間、2週間以上だと良いかも
・記事数8~30
・最低でも文字数1000以上必要
・カテゴリーが二つ以上あること
・カテゴリーに属する記事も3、4つ以上は必要
・プライバシーポリシーの記載が不可欠
・他の企業の広告バリバリ貼っていないか
・他サイトへのリンク(引用等)が多すぎないかどうか
・サイトマップの作成

 

記事数と文字数は関係するものだと思って下さい。

一記事の文字数が1000~1500文字だとその分記事数も必要になります。
それに対して文字数が3000~5000と多ければ少ない記事数でも合格基準になるようです。

文字数の多さがポイントになるのか!と無駄に長文を書くのもアウトです。
ちゃんと中身が価値あるもので構成されているかどうかも審査されます。

Google先生は量より質を重視しています。他からのコピペばっかりしていないか、ただの日記になっていないか、支離滅裂な文章になっていないか等も十分注意しましょう。

 

アドセンス不承認のメールで改善点を知る

2018年3月中旬にこのブログを立ち上げて、アドセンスに申請を出したのが4月初旬です。
その時のブログのスペックは、

・運営期間は3週間ほど
・記事数30
・文字数1000~1500ほど
・カテゴリー数4つ

以上のような状態で申請した所、次の日に不承認のメールが届きました。

結果に対しては「まあ最初だし、そりゃそうだよね!」と、がっくりしつつ予想通りの結果だなと思いました。でも早目に結果が届いて良かったです。

査定に3日以上はかかると聞いてたのですがGoogle先生の査定はちょっぱやでした。その方が助かりますがね。

この合否の連絡が遅い人では数週間~2、3カ月とかかかる場合もあるみたいですね。そして私は運良く(?)速攻不合格通知を受け取りました。

 

そんな不合格通知ですが、とても重要なことが記載されていました。

 

その通知メールには「審査ダメだったよ、残念!」というお知らせと共にどこを改善すれば良いのかを指摘してくれていたのです。

不承認の原因にはちゃんと理由がある

私が審査に引っかかった点は大きく二つ。

・ドメインの所有権
・不十分なコンテンツ

ドメインの所有権は、最初にアドセンスを申請する際に、アドセンスとリンクする為に、ブログにコードを張り付けないといけなません。

これが案外張り付けたつもりでできてないことが多いらしく私も確認した所貼れてはいたのですが、もう一度やり直しました。

不十分なコンテンツに関しては細かく改善するべき箇所が記載されていました。

  • 不十分なコンテンツ: AdSense の承認を得てサイトに関連性の高い広告を掲載していただくには、AdSense の担当者による審査とクローラによる解析でページの内容を判断できるだけのテキストがページに含まれている必要があります。この問題を解決するには、次のヒントをお試しください。
  • ページで十分なテキストを使用してください。画像や動画、Flash アニメーションがほとんどを占めるウェブサイトは承認されません
  • コンテンツには、タイトルだけでなく、意味のある文章や段落が含まれている必要があります。
  • ウェブサイトは、AdSense にお申し込みいただく前に作成を終え、公開した状態にしておいてください。サイトがベータ版や「作成中」である場合や、テンプレートの要素しかない場合は、お申し込みにならないでください。
  • 広告コードは、ウェブサイトの有効なページに配置してください。メインページでなくても構いませんが、AdSense 広告コード以外に何もないテストページは承認されません。
  • ユーザーがウェブサイトのすべてのセクションやページを簡単に見つけられるよう、わかりやすいナビゲーションを提供してください。
  • YouTube 動画を収益受け取りの対象にしたい場合は、YouTube 収益受け取りプログラムにお申し込みください。動画のみのブログやウェブサイトは承認されません。

引用元:AdSense アカウントを有効にできない場合の対処法

ページで十分なテキストに関して、プロフィールのページの文字数が少なかったことに気付き大幅に書き足しました。次に画像を多用してる記事を一旦下げました。

 

次に、記事内で見やすいようにつけていた段落が不自然だったようで、全記事まるまる直しました。

 

「作成中」や「テンプレート要素」しかないページとは私の場合はお問い合わせフォームのことでした。
プラグインを利用して作成したままの状態だったので、お問い合わせの際の注意点を加えてテキストを追加しました。

広告コードですが、これはドメインの所有権の駄目出しで先に直していたので、パスしました。

 

ユーザーがすべてのページを簡単に見つけれるように・・・・とは、サイトマップのことです。

私はプラグインを使って作成していたはずなのになんで?と思っていたら、PCからはサイトマップの表示が出ていたのですが、スマフォから見たらそれが表示されていませんでした。

調べてみたところ、導入してるプラグインが干渉しあっていたのが原因でした。
そのプラグインの利用を止めるとスマフォからサイトマップ表示されるようになり、問題が解決しました。

YouTubeのはよく分からないのですが、該当する方向けかと思います。
こちらは何も触りませんでした。

 

不承認になる理由は申請してみないと分からない!指摘の通り改善すれば審査も通る

指摘されていたところをほぼ直したので、不承認を受けてから6日後に再度を申し込みました。

 

この再度の申請も2週間は空けた方が良いということでしたが、(ネット上に変更前のデータが残っている場合がある為や、申請したアカウントとブログの紐づけの解除にそれぐらい時間かかかる為など)私はとくに気にせず改善後すぐに申請をしました。

 

そして次の日・・・・・

無事、アドセンスが承認されました!!

この時のブログのスペックは最初に申請した時とほぼ変わりなしで、指摘されたところを直した際に文章を加えたりしたぐらいですね。

再申請後の翌日に合格通知が来たので「再申請は2週間空けたほうが良い」というものあまり当てにはならないのかな?と思いました。

アドセンスの承認を得たい方は、まず規約に引っかからない健全なブログを作ってみて、ある程度の記事が溜まったら申請してみましょう。

申請する前から「審査通らなかったらどうしよう」と不安になるより、まず行動してみた方が良いでしょう。

 

もしダメだった場合でも、どこが駄目だったか・改善するべき箇所はどこかをちゃんと教えてもらえるので、自分で記事の良し悪しを測るより確実に早いと思います。

Googleアドセンス・不承認には原因と理由がある!改善のコツとは?・まとめ

アドセンスの規約を守ってるしブログの記事数・文字数とかも問題ないはずなのに、何度やっても不承認になってしまう・・・・という方は、もう一度しっかりと不承認時のメールを確認してどこが引っ掛かってしまったのか調べてみましょう。

Google先生も広告を載せてもらう方が良いと思っているので、そこに必ずヒントがあります。

それを一つ一つ、丁寧に直していくのが一番の近道でありコツです。

 

自分は割とすんなり審査が通った方だと思いますが記事を書く上で気を付けていたことがあります。

 

・自己中心的な記事にしない。(日記にならないように)
・読んでくれる人の役に立つような内容を心がける
・自分が感じたことを自分の言葉で書く

 

とくに念頭に置いていたのは、”人の役に立つ記事を書く”という点です。

Google先生はネットの世界をにぎやかで価値あるものにしてくれるブログやサイトを大変評価します。

例えば、一昨日から耳鳴りが酷い・・・・と悩んでる主婦さんがいて、
「これは一体なんだろう?原因は?」とネットで検索をしてみて、それを解決してくれるブログがあったら「助かった・・・・ネットがあって良かった」って思うことでしょう。

Google先生は、たくさんの人にネットを見てほしいわけです。

その為には「ネットがあって良かった!」「おかげで助かった!」と思ってもらうことが必要なので、ネットの世界を一緒に盛り上げてくれる有能なコンテンツを持つブログやサイトを高評価します。

 

そんな、誰かの為になる記事であれば、アドセンス申請もちゃんと通ると思います。

 

もし、困っている誰かを想定して記事が書きにくいのであれば、自分の家族や友人に置き換えるとイメージしやすいですよ。

 

自分の馴染みのある人物にあてての文章であれば書きやすいと思いますので、上手く記事が書けない・・・・という方は、是非一度お試し下さい。

 

 

ではでは、本日はこの辺で、是非またよろしゅうに*